06-7222-3079
対応時間
平日 10時~18時
定休日
土・日・祝日

※事前予約で時間外対応可能です

離婚の慰謝料計算方法/久松法律事務所

久松法律事務所 > 離婚 > 離婚の慰謝料計算方法

離婚の慰謝料計算方法

「離婚を検討しているが、慰謝料の計算方法がわからず、算定できないで困っている。」
「離婚することになったが、慰謝料は必ずもらえるものなのだろうか。相場も含めて知りたい。」
離婚における慰謝料について、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。
このページでは、離婚にまつわるさまざまなトラブルのなかでも、慰謝料の計算方法についてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいります。

 

■慰謝料とは
「そもそも慰謝料とは、どういう意味を持つお金なの?」
慰謝料についてこうした素朴な疑問をお持ちの方も多いことかと思われます。
まずは、慰謝料の定義から整理していきましょう。
一般的に、慰謝料とは「精神的な損害についての賠償金」のことをさします。
よりわかりやすい言葉にすると、傷ついた心を癒やす目的で相手に支払ってもらえるお金ということになります。
そのため慰謝料は、離婚だけではなく、交通事故などにおいても請求することができるお金なのです。
また、離婚における慰謝料を請求できるのは、配偶者に不貞行為いわゆる不倫や暴力行為があった場合に限られます。
なお、不倫が原因で離婚する場合には、離婚する配偶者だけでなく不倫相手にも慰謝料を請求することが可能です。

 

■慰謝料の計算方法
さて、本題の慰謝料の計算方法についてですが、実は正確に決まった計算方法はありません。
たとえば、協議離婚、すなわち夫婦同士が話し合い合意することで成立させる離婚の方法をとる場合には、慰謝料の額は夫婦で自由に決めることができます。
当然高額すぎる慰謝料では合意することができないと思われますが、合意すれば他人が口を挟むものではないのです。
調停離婚裁判離婚の場合には、慰謝料を支払う側の経済的な状況や結婚期間の長さ、不貞行為や暴力行為など慰謝料の支払いを求める根拠となる原因について考慮され、総合的に判断されることになります。
離婚における慰謝料額の相場としては、おおよそ100万円~300万円程度が多いと言われています。

 

久松法律事務所では、離婚問題に関するお悩みをはじめとして、相続、労働問題などの法律問題に対し、豊富な経験と実績を元にたしかな解決策をご提案させていただきます。
大阪市中央区、北区、堺市、東大阪市を中心に、大阪府、兵庫県、奈良県、京都府、滋賀県、三重県などにお住まいのお客様に対し、広くお応えしております。
「妻のモラハラがひどいため離婚したい。」「夫が浮気相手を妊娠させてしまったが、離婚に影響はあるだろうか。」「配偶者のギャンブル依存症を理由に離婚できないか。」などといった具体的なご相談にも、真摯に対応させていただきます。
離婚問題にまつわるお悩みをお持ちの方は、久松法律事務所までお気軽にご相談ください。

久松法律事務所が
提供する基礎知識

  • 労働審判の流れ

    ■申立てから期日指定まで労働審判は労働者側からも使用者側からも申立てることができます。申立書と証拠を裁判所に提出すると、...

  • 内容証明郵便での請求

    ■内容証明とは内容証明とは郵便局において、いつどのような書面が誰から誰に差し出されたかを証明する制度です。内容証明そのも...

  • 残業代を請求されたら

    ■記録の有無が重要残業代の支払いをめぐってトラブルになるということは、労働時間の把握が労働者側と企業側で食い違っているこ...

  • 労働時間の管理

    ■労働時間の管理義務法律では労働契約とは、労働者が一定の拘束時間において業務命令に従う代わりに、その拘束時間への対価とし...

  • 養育費の相場はいくらか

    離婚をした場合、夫婦の間に子どもがいれば、養育費を支払う必要があります。養育費は、子どもの監護や教育のために必要な費用で...

  • 遺言書の検認

    遺言書を開封する際には、検認という手続きが必要となる場合があります。検認とは、家庭裁判所において、相続人立会いのもと遺言...

  • 解雇が可能なケース

    ■解雇の条件解雇は「客観的に合理的な理由」があり「社会通念上相当」と認められるものでなければ認められません。合理的な理由...

  • 不当な解雇

    ■解雇の無効客観的な合理的理由に基づかない解雇は無効となります。したがって、無効な解雇をした労働者が地位確認の訴えを提起...

  • 裁判離婚

    協議離婚と調停離婚を経ても離婚が成立せず、審判離婚も言い渡されなかった場合、最終的には裁判によって離婚を成立させることに...

  • 債権回収を弁護士に依頼す...

    例えば100万円のお金を他人に貸しているときに、そのままにしておくと時効が発生して貸した100万円を返してもらう権利(債...

よく検索される
キーワード

代表弁護士紹介

これは弁護士に相談してもよいものか… などとお悩みなっている方はいらっしゃいませんか?

久松弁護士の写真
代表弁護士
久松 大輔(ひさまつ だいすけ)
所属団体
大阪弁護士会
ごあいさつ

「まだトラブルになっていないけど…」という方、「トラブルになってしまった…」という方も、まずは弁護士にご相談ください。

解決までの道筋を、法律のプロと共に考えましょう。


当事務所は相談しやすい環境作りを徹底しております。弁護士と言われると敷居が高いと思われるかもしれませんが、そんな事はありません。お気軽にご相談ください。

プロフィール

1987年8月3日 福岡県出身

福岡県立鞍手高等学校卒業

九州大学法学部卒業

大阪大学法科大学院卒業

事務所概要

名称 久松法律事務所
所属 大阪弁護士会
代表者 久松 大輔(ひさまつ だいすけ)
所在地 大阪府大阪市中央区北浜3-2-25京阪淀屋橋ビル8階
電話番号/FAX番号 TEL:06-7222-3079 / FAX:06-7222-3159
対応時間 平日10:00~18:00 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ