06-7222-3079
対応時間
平日 10時~18時
定休日
土・日・祝日

※事前予約で時間外対応可能です

離婚 期間/久松法律事務所

久松法律事務所 > 離婚に関するキーワード > 離婚 期間

離婚 期間

  • 浮気・不倫の慰謝料

    配偶者から浮気・不倫をされたことによって離婚を決断する方は、決して少なくありません。浮気・不倫をされたことによる精神的苦痛は甚大であり、だからこそ「浮気・不倫を理由として、慰謝料を請求することはできないだろうか」とお考えになる方がほとんどを占めています。離婚における慰謝料は、全ての離婚のケースにおいて発生するわけ...

  • 財産分与

    離婚したいが、離婚後の生活に金銭的な不安が付きまとう」。このように、金銭的なお悩みをお持ちの方も少なくないでしょう。そのような方に少しでもお悩みを軽減していただくため、「財産分与」についてご説明いたします。 財産分与とは、結婚生活中に夫婦で協力して築き上げた財産を、離婚の際、それぞれの貢献度に応じて分配すること...

  • 協議離婚

    離婚を目指す際、まず何から手をつければいいのか分からない、という方は決して少なくありません。 離婚を成立させるためには、まず「協議離婚」を目指すことになります。協議離婚は、文字通りご夫婦の「協議」、つまり話し合いによって離婚を成立させるというものです。日本において成立した離婚のうち、協議離婚が9割を占めると言われ...

  • 調停離婚

    当事者同士の話し合いで離婚を成立させることができる協議離婚は、最も簡単な離婚方法であるといえます。しかし、十分に話し合いを重ねてもなお、配偶者が協議による離婚に応じてくれない可能性もあります。また、そもそも話し合いの場にも立ってくれないかもしれません。このような場合は、協議離婚の次のステップである「調停離婚」を目...

  • 裁判離婚

    協議離婚と調停離婚を経ても離婚が成立せず、審判離婚も言い渡されなかった場合、最終的には裁判によって離婚を成立させることになります。これを「裁判離婚」と呼びます。芸能人の離婚裁判などで知名度を獲得したこの裁判離婚ですが、裁判によって離婚を成立させたケースは、日本において成立した離婚のうちおよそ1〜2%のみを占めると...

  • 離婚養育費

    お子様をお持ちの方の場合は、離婚後の生活において、「養育費」が非常に重要となるのは言うまでもありません。以下にて、そんな養育費についてご説明いたします。 「養育費」とは、お子様を監護・教育するために必要な費用です。食費など、お子様との生活に必要な諸経費や、教育費、医療費などもまた養育費に該当します。未成年のお子様...

  • 親権と監護権

    離婚届を提出する際、未成年者のお子様がいる場合には、必ず親権者を決定しないと届けが受理されません。まずはご夫婦双方による協議で親権を決めることが必要ですが、話し合いが決裂してしまった場合、調停や裁判で親権を決定することになります。 一度親権者が決定した後で、親権者を変更することは非常に大変です。なぜなら、親権者を...

  • 面会交流

    親権を取得することなく離れて暮らしている親とお子様が、離婚後に定期的に面会する権利。これを「面会交流権」と呼びます。離婚後のご夫婦において、面会交流権もまた重要な権利の一つだといえます。離婚が成立したのち、お子様は親権を取得した親とともに生活を送っていくことになります。しかし一方で、親権を取得していない親も、お子...

  • DV被害

    こうすることによって、離婚に向けた調停や裁判において、明確な離婚事由を提示することができるでしょう。 DV被害は、被害者の心身ともに癒しがたい傷を残すものです。そのため、法的に認められた離婚事由に該当する可能性が高く、相場より高額な慰謝料を請求できる可能性も決して低くはありません。DV被害を受けている方は、お一人...

  • モラルハラスメント(モラハラ)による離婚

    どちらも被害者の自尊心を奪い、離婚しようという意思までも挫いてしまうほどの被害であることは言うまでもないでしょう。 主に身体的な暴力を伴うDVよりも、モラルハラスメントの方が被害性が見えにくく、ご自身が被害を受けている自覚も、またご自身が加害者であるという自覚も生まれにくいのが実情です。しかし、モラルハラスメント...

  • 相続人調査

    「内縁の妻や連れ子、離婚した妻のもとにいる子ども等、身内の誰に相続の資格があるのか分からない」、「仕事が忙しくて書類を集める時間がない」等、相続に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所の弁護士までご相談ください。

  • 相続放棄

    申述をせずにこの期間を経過すると、単純承認をしたものとみなされます。単純承認を選択する場合は、特に手続きを行う必要はありません。 久松法律事務所では、大阪府、兵庫県、奈良県、京都府、滋賀県、三重県を中心に、相続放棄等に関する法律相談を受け付けております。相続に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所の...

  • 再婚相手の連れ子に相続権はあるか

    お子さんがいらっしゃる中で離婚され、その後再婚されたという方のなかには、このようなお悩みを抱える方が少なくありません。このページでは、相続に関わる問題のなかでも、再婚相手の連れ子に相続権があるかどうかにスポットをあてて、くわしくご説明してまいります。 ■連れ子と再婚の関係日本では、いまや3組に1組の夫婦が離婚を選...

  • 雇用契約書の作成

    雇用契約は、誰と誰が当事者として雇用契約を結ぶのかだけではなく、いつまでの期間、どのような働き方で、いくらの報酬を支払うのか、など細かい部分についても契約内容とすることになります。こうした雇用契約についての詳細な内容を口頭だけで理解し、記憶することは非常に難しいため、雇用契約書として残しておくことが有意義なのです...

  • 生活保護受給者でも自己破産できるか

    久松法律事務所では、自己破産に関わるお悩みをはじめとして、離婚問題やセクハラ、労働問題などのさまざまな法律トラブルに対し、豊富な経験と実績を元にした、たしかな解決策をご提案させていただきます。大阪市中央区、北区、堺市、東大阪市を中心に、大阪府、兵庫県、奈良県、京都府、滋賀県、三重県などにお住まいのお客様からのご相...

  • 離婚の慰謝料計算方法

    離婚を検討しているが、慰謝料の計算方法がわからず、算定できないで困っている。「離婚することになったが、慰謝料は必ずもらえるものなのだろうか。相場も含めて知りたい。離婚における慰謝料について、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。このページでは、離婚にまつわるさまざまなトラブルのなかでも、慰謝料の計...

  • パワハラの時効は何年?

    久松法律事務所では、労働問題に関するお悩みをはじめとして、相続、離婚などの法律問題に対し、豊富な経験と実績を元にたしかな解決策をご提案させていただきます。大阪市中央区、北区、堺市、東大阪市を中心に、大阪府、兵庫県、奈良県、京都府、滋賀県、三重県などにお住まいのお客様に対し、広くお応えしております。パワハラや社内ト...

  • 詐欺罪の時効

    まず刑事上の時効とは公訴時効と呼ばれもので、検察官が被疑者を起訴できる期間のことを指します。詐欺事件において、この公訴時効は事件の発生から7年間となっています。そのため、事件から7年間が経過すると検察官は起訴できなくなり、罪に問うことができなくなります。 しかし、海外に渡航していた期間などは時効の進行が停止するた...

久松法律事務所が
提供する基礎知識

  • 労働問題を防ぐには

    ■労働法を理解する労働問題対策の基本は使用者側が労働法を理解し、これを遵守した経営を行うことです。例え経営者に悪意がなか...

  • 従業員から訴訟を起こされ...

    ■落ち着いた対応を訴訟を提起されたら経営者の方や対応にあたる担当者の方の心中は穏やかではないと思います。このような状況で...

  • 不当な解雇

    ■解雇の無効客観的な合理的理由に基づかない解雇は無効となります。したがって、無効な解雇をした労働者が地位確認の訴えを提起...

  • 従業員が人事異動を拒否し...

    ■人事異動について人事異動とは、企業が従業員の地位や職務内容について、変更を加えることをいい、主に次のことを意味します。...

  • パワハラの時効は何年?

    「上司から一方的に人格否定をされて悩んでいる…」「バイト先の店長から、長時間にわたって土下座を強要されたり、物を投げられ...

  • 労働条件の交渉

    ■個別の労働条件の交渉①労働契約の締結労働契約は労働者と使用者が対等な立場で結ぶものです。労働契約の締結にあたっては、個...

  • 自己破産したら奨学金はど...

    奨学金を借りて大学等に進学した場合、当然ですが、卒業後に借りた額を返済しなければなりません。しかし、家庭の事情などさまざ...

  • 大阪市の離婚相談は弁護士...

    結婚後、さまざまな理由によって離婚を決意する人は少なくありません。そして、相手方がすんなりと離婚に応じてくれれば良いので...

  • 遺産分割協議書の作成

    ■遺産分割協議遺産分割協議とは、相続人間で行う、被相続人の財産を誰がどれだけ受け継ぐかについての話し合いを指します。被相...

  • 裁判離婚

    協議離婚と調停離婚を経ても離婚が成立せず、審判離婚も言い渡されなかった場合、最終的には裁判によって離婚を成立させることに...

よく検索される
キーワード

代表弁護士紹介

これは弁護士に相談してもよいものか… などとお悩みなっている方はいらっしゃいませんか?

久松弁護士の写真
代表弁護士
久松 大輔(ひさまつ だいすけ)
所属団体
大阪弁護士会
ごあいさつ

「まだトラブルになっていないけど…」という方、「トラブルになってしまった…」という方も、まずは弁護士にご相談ください。

解決までの道筋を、法律のプロと共に考えましょう。


当事務所は相談しやすい環境作りを徹底しております。弁護士と言われると敷居が高いと思われるかもしれませんが、そんな事はありません。お気軽にご相談ください。

プロフィール

1987年8月3日 福岡県出身

福岡県立鞍手高等学校卒業

九州大学法学部卒業

大阪大学法科大学院卒業

事務所概要

名称 久松法律事務所
所属 大阪弁護士会
代表者 久松 大輔(ひさまつ だいすけ)
所在地 大阪府大阪市中央区北浜3-2-25京阪淀屋橋ビル8階
電話番号/FAX番号 TEL:06-7222-3079 / FAX:06-7222-3159
対応時間 平日10:00~18:00 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ