06-7222-3079
対応時間
平日 10時~18時
定休日
土・日・祝日

※事前予約で時間外対応可能です

親権 父親/久松法律事務所

久松法律事務所 > 離婚に関するキーワード > 親権 父親

親権 父親

  • 裁判離婚

    ・未成年者のお子様の親権や養育費をどうするか・財産分与をどうするか上記のように、離婚後の人生に大きく影響するような、非常に重要な事柄ばかりです。 裁判離婚において、ご自身のご意見を正しく反映するためには、豊富な離婚問題の経験と幅広い法律知識が不可欠です。ご自身の精神的・肉体的ご負担を軽減するためにも、そして理想の...

  • 離婚養育費

    しかし、その費用を親権者となった親だけでなく、親権者でない親も負担するべきという考えから、親権者でない親に対し、お子様に対する養育費の支払い義務を負ってもらうことができるのです。 養育費の具体的な算定方法は、ご夫婦の収入と、未成年のお子様の人数によって算出することができます。そのため、離婚前にある程度具体的に、期...

  • 親権と監護権

    親権」という言葉は聞き馴染みがあっても、具体的な権利・義務の内容はよく分からないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。以下にて、親権と監護権についてご説明させていただきます。 まず親権は、「身上監護権」と「財産管理権」の2つによって構成されています。「身上監護権」とは、子どもの身の回りの世話など、生活...

  • 面会交流

    親権を取得することなく離れて暮らしている親とお子様が、離婚後に定期的に面会する権利。これを「面会交流権」と呼びます。離婚後のご夫婦において、面会交流権もまた重要な権利の一つだといえます。離婚が成立したのち、お子様は親権を取得した親とともに生活を送っていくことになります。しかし一方で、親権を取得していない親も、お子...

  • 再婚相手の連れ子に相続権はあるか

    よく知られているように、こうしたお子さんがいるご夫婦の離婚では、お子さんの親権や養育費などが問題になりがちです。しかし、その後再婚された方が抱えるお悩みについては、まだその存在が広く認知されていない状況です。その問題とは、連れ子への相続の問題です。連れ子はその親と親子関係がありますが、親が再婚したからといって、そ...

久松法律事務所が
提供する基礎知識

  • 婿養子の相続権

    男性が婚姻と同時に(または前後して)妻の両親と養子縁組をすることで、妻の両親の養子となると、「婿養子」になります。&nb...

  • 内容証明郵便での請求

    ■内容証明とは内容証明とは郵便局において、いつどのような書面が誰から誰に差し出されたかを証明する制度です。内容証明そのも...

  • 離婚の慰謝料計算方法

    「離婚を検討しているが、慰謝料の計算方法がわからず、算定できないで困っている。」「離婚することになったが、慰謝料は必ずも...

  • 再婚相手の連れ子に相続権...

    「再婚相手の連れ子を本当の子ども同然に愛してるが、遺産を相続させることはできるのだろうか。」「連れ子がいる状況で再婚した...

  • 人事異動のトラブル

    ■人事異動の制限基本的に人事異動は業務命令として会社の裁量で一方的に行うことができます。とはいえ、業務命令を下すためには...

  • 裁判離婚にかかる費用

    話し合いで離婚問題を解決することができなかった場合、最終的には裁判離婚を検討することになります。その際に心配なのが、費用...

  • 年収1000万の養育費相...

    親権の有無や同居の有無、年収の高低にかかわらず、父母は離婚後ないし別居後も、未成熟子を扶養する義務があります(ここでいう...

  • 代襲相続

    ■代襲相続とは代襲相続とは、被相続人よりも先に相続員となるべき人が亡くなっている場合に、その人の子どもが代わって相続人と...

  • 遺産分割協議書の作成

    ■遺産分割協議遺産分割協議とは、相続人間で行う、被相続人の財産を誰がどれだけ受け継ぐかについての話し合いを指します。被相...

  • 成年後見

    ■成年後見制度とは成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害等によって判断能力が十分でない人について、支援・保護する制...

よく検索される
キーワード

代表弁護士紹介

これは弁護士に相談してもよいものか… などとお悩みなっている方はいらっしゃいませんか?

久松弁護士の写真
代表弁護士
久松 大輔(ひさまつ だいすけ)
所属団体
大阪弁護士会
ごあいさつ

「まだトラブルになっていないけど…」という方、「トラブルになってしまった…」という方も、まずは弁護士にご相談ください。

解決までの道筋を、法律のプロと共に考えましょう。


当事務所は相談しやすい環境作りを徹底しております。弁護士と言われると敷居が高いと思われるかもしれませんが、そんな事はありません。お気軽にご相談ください。

プロフィール

1987年8月3日 福岡県出身

福岡県立鞍手高等学校卒業

九州大学法学部卒業

大阪大学法科大学院卒業

事務所概要

名称 久松法律事務所
所属 大阪弁護士会
代表者 久松 大輔(ひさまつ だいすけ)
所在地 大阪府大阪市中央区北浜3-2-25京阪淀屋橋ビル8階
電話番号/FAX番号 TEL:06-7222-3079 / FAX:06-7222-3159
対応時間 平日10:00~18:00 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ