06-7222-3079
対応時間
平日 10時~18時
定休日
土・日・祝日

※事前予約で時間外対応可能です

夫 浮気/久松法律事務所

久松法律事務所 > 離婚に関するキーワード > 夫 浮気

夫 浮気

  • 離婚の慰謝料計算方法

    たとえば、協議離婚、すなわち婦同士が話し合い合意することで成立させる離婚の方法をとる場合には、慰謝料の額は婦で自由に決めることができます。当然高額すぎる慰謝料では合意することができないと思われますが、合意すれば他人が口を挟むものではないのです。調停離婚や裁判離婚の場合には、慰謝料を支払う側の経済的な状況や結婚...

  • 浮気・不倫の慰謝料

    配偶者から浮気・不倫をされたことによって離婚を決断する方は、決して少なくありません。浮気・不倫をされたことによる精神的苦痛は甚大であり、だからこそ「浮気・不倫を理由として、慰謝料を請求することはできないだろうか」とお考えになる方がほとんどを占めています。離婚における慰謝料は、全ての離婚のケースにおいて発生するわけ...

  • 財産分与

    財産分与とは、結婚生活中に婦で協力して築き上げた財産を、離婚の際、それぞれの貢献度に応じて分配することを指します。 この財産分与には、次の3つの種類があります。1つめは、精算的財産分与です。これは3つの分配方法のうち最もよく利用される方法であり、2人の財産を2人で分ける、という考え方に基づくものです。離婚事由が...

  • 協議離婚

    協議離婚は、文字通りご婦の「協議」、つまり話し合いによって離婚を成立させるというものです。日本において成立した離婚のうち、協議離婚が9割を占めると言われており、多くの婦が協議離婚を選択していることが分かります。協議離婚は、あくまでも当事者同士の話し合いであるため、財産分与や養育費のことなど、詳細に決めることな...

  • 調停離婚

    調停離婚とは、ご婦どちらに対しても中立な立場である「調停委員」の関与の下、ご婦が話し合いをするものです。つまり、第三者を挟んだ話し合いをして離婚を目指す離婚方法であるといえます。調停離婚を開始するためには、離婚調停申立書を担当の裁判所に提出し、受理されなければなりません。 調停離婚のメリットは、ご婦同士が直...

  • 裁判離婚

    離婚裁判において争われる事項は、これまでご婦が協議や調停で話し合ってもなお合意に至らなかったことが主です。そのため、・離婚を望む理由が、法的に認められた離婚事由(離婚に至るにふさわしい理由)に該当するか否か・未成年者のお子様の親権や養育費をどうするか・財産分与をどうするか上記のように、離婚後の人生に大きく影響す...

  • 離婚養育費

    養育費の具体的な算定方法は、ご婦の収入と、未成年のお子様の人数によって算出することができます。そのため、離婚前にある程度具体的に、期待できる養育費の額を知ることができます。しかし、当事者同士で話し合う協議離婚や調停離婚の場合、算出された金額以上の金額を設定することもできます。弁護士にご相談の上、どれくらいの養育...

  • 親権と監護権

    まずはご婦双方による協議で親権を決めることが必要ですが、話し合いが決裂してしまった場合、調停や裁判で親権を決定することになります。 一度親権者が決定した後で、親権者を変更することは非常に大変です。なぜなら、親権者を簡単に変えられるようにしてしまうと、子どもの成長に良くない影響をもたらしてしまうからです。しかしそ...

  • 面会交流

    離婚後のご婦において、面会交流権もまた重要な権利の一つだといえます。離婚が成立したのち、お子様は親権を取得した親とともに生活を送っていくことになります。しかし一方で、親権を取得していない親も、お子様にとって大事な家族であったはずです。そのため、この面会交流権は親のためだけでなく、お子様の健やかな成長のためになる...

  • DV被害

    また、ご婦間においても、同意のない性行為は性的DVと認定される可能性があります。そして、DV被害者の方の中には、「原因が自分にあるので、暴力を受けるのは仕方のないことだ」「自身は被害者とは言えず、誰にも助けてもらえないのではないか」など、ご自身の現状を正しく認識できておらず、暴力から逃げるのが難しい方も少なくあ...

  • モラルハラスメント(モラハラ)による離婚

    女性が被害者の場合、が「誰が稼いでいると思っているんだ」などと暴言を浴びせるケースや、発言を何度も覆して妻を叱る、家事ができていないと必要以上に怒るケースなどが多く報告されています。一方、男性が被害者の場合は、妻から無視され続ける、何をしても怒られる、自身の収入を馬鹿にされるなどのケースが報告されています。どち...

  • 再婚相手の連れ子に相続権はあるか

    「連れ子がいる状況で再婚したが、親として私たち婦が亡くなった後の子どもの生活が心配。お子さんがいらっしゃる中で離婚され、その後再婚されたという方のなかには、このようなお悩みを抱える方が少なくありません。このページでは、相続に関わる問題のなかでも、再婚相手の連れ子に相続権があるかどうかにスポットをあてて、くわしく...

  • 大阪市の離婚相談は弁護士にお任せください

    婦間の財産をどのようにわけるかという財産分与の問題や、子どもがいる場合には、親権者を誰にするか、養育費はいつまでどのくらいを支払うのか、離れて暮らすことになる子どもとはどの程度会えるのかという問題が生じます。これらの事項を、当事者間で話し合い、書面でまとめておくことで、養育費の未払いの際には裁判上で請求ができる...

  • 養育費の相場はいくらか

    離婚をした場合、婦の間に子どもがいれば、養育費を支払う必要があります。養育費は、子どもの監護や教育のために必要な費用であって、具体的には、衣食住に必要な費用のみならず、教育費、医療費などが含まれます。親は子どもを養育する義務がありますので、たとえ離婚によって子どもと離れて暮らすことになったとしても、養育費は支払...

  • ギャンブル依存症の配偶者と離婚するには

    「悪意の遺棄」とは、婦の扶助義務を果たしていないことを指します。例えば、ギャンブル依存症のため給与をギャンブルに使ってしまい、十分な生活費を渡さないといったケースが考えられるでしょう。また、ギャンブルばかりしていてほとんど家に帰ってこないというケースや、定職につかず、ギャンブルにのめり込んでしまっているというケ...

久松法律事務所が
提供する基礎知識

  • 代襲相続

    ■代襲相続とは代襲相続とは、被相続人よりも先に相続員となるべき人が亡くなっている場合に、その人の子どもが代わって相続人と...

  • 相続人調査

    相続が開始したら、相続人を調査する必要があります。相続人なんて身内のことだから調べるまでもない、と考える方もいるかもしれ...

  • 成年後見

    ■成年後見制度とは成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害等によって判断能力が十分でない人について、支援・保護する制...

  • 給料・残業代請求

    ■給料・残業代請求の方法従業員の側から未払い賃金や残業代を請求する方法としては、個別での直接交渉、団体交渉、労働審判、民...

  • 面会交流

    親権を取得することなく離れて暮らしている親とお子様が、離婚後に定期的に面会する権利。これを「面会交流権」と呼びます。離婚...

  • 再婚相手の連れ子に相続権...

    「再婚相手の連れ子を本当の子ども同然に愛してるが、遺産を相続させることはできるのだろうか。」「連れ子がいる状況で再婚した...

  • 相続放棄

    ■相続放棄とは相続と聞くと、亡くなった方の預貯金や土地等の財産を受け継ぐ、といったイメージが浮かぶと思いますが、実際には...

  • 浮気・不倫の慰謝料

    配偶者から浮気・不倫をされたことによって離婚を決断する方は、決して少なくありません。浮気・不倫をされたことによる精神的苦...

  • 労働問題に関するご相談は...

    久松法律事務所では、大阪市中央区、北区、東大阪市、堺市を中心に労働問題の相談を受け付けております。また大阪府以外でも、京...

  • 裁判離婚

    協議離婚と調停離婚を経ても離婚が成立せず、審判離婚も言い渡されなかった場合、最終的には裁判によって離婚を成立させることに...

よく検索される
キーワード

代表弁護士紹介

これは弁護士に相談してもよいものか… などとお悩みなっている方はいらっしゃいませんか?

久松弁護士の写真
代表弁護士
久松 大輔(ひさまつ だいすけ)
所属団体
大阪弁護士会
ごあいさつ

「まだトラブルになっていないけど…」という方、「トラブルになってしまった…」という方も、まずは弁護士にご相談ください。

解決までの道筋を、法律のプロと共に考えましょう。


当事務所は相談しやすい環境作りを徹底しております。弁護士と言われると敷居が高いと思われるかもしれませんが、そんな事はありません。お気軽にご相談ください。

プロフィール

1987年8月3日 福岡県出身

福岡県立鞍手高等学校卒業

九州大学法学部卒業

大阪大学法科大学院卒業

事務所概要

名称 久松法律事務所
所属 大阪弁護士会
代表者 久松 大輔(ひさまつ だいすけ)
所在地 大阪府大阪市中央区北浜3-2-25京阪淀屋橋ビル8階
電話番号/FAX番号 TEL:06-7222-3079 / FAX:06-7222-3159
対応時間 平日10:00~18:00 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ