06-7222-3079
対応時間
平日 10時~18時
定休日
土・日・祝日

※事前予約で時間外対応可能です

遺言 効力/久松法律事務所

久松法律事務所 > 相続に関するキーワード > 遺言 効力

遺言 効力

  • 遺言書の検認

    遺言書を開封する際には、検認という手続きが必要となる場合があります。検認とは、家庭裁判所において、相続人立会いのもと遺言書の状態や内容等を確認する手続きです。それ以降の遺言書の偽造・変造を防ぐことを目的として定められた制度です。 ■手続きの流れまず、遺言書を保管している人(保管者がいない場合、発見した相続人)が、...

  • 相続人調査

    しかし、遺言等によって相続分等が細かく定められている場合を除いて、遺産分割協議によって相続財産を分ける必要があり、この遺産分割協議には相続人全員の参加が必要となります。また、相続放棄には被相続人の死亡を知った時から3ヶ月という期限が定められているため、他の相続人らとこうした財産の処分について早めに協議を行う必要が...

  • 遺留分

    被相続人は、遺言等を遺すことにより自身の財産についてある程度自由に引き継げますが、遺言によってもこの遺留分を無視することはできません。法定相続人にあたるにもかかわらず全く財産を受け取れなかった等の場合には、当該相続人はその他の相続人に対し遺留分減殺請求を行うことができます。 ■遺留分が認められる対象遺留分は、兄弟...

  • 遺産分割協議書の作成

    被相続人が遺言を遺していた場合には遺産分割協議は不要な場合がほとんどですが、遺言にそれぞれの相続分だけ記され、財産をそれぞれ誰がどれだけ引き継ぐかについて記載されていなかった場合等には、同様に遺産分割協議が必要となります。遺産分割協議にあたっては、相続人全員が参加する必要があり、一人でも欠けたままなされた協議は無...

  • 事業承継(親族内承継)

    経営者が遺言等によって親族に会社に関係する資産や株式等を承継する旨を明らかにし、死後に相続によって事業を引き継ぐ方法です。相続税は贈与税に比べ基礎控除額が大きいため、生前贈与の場合に比べ節税が見込めます。 ・生前贈与による承継経営者が生前に、会社の資産や株式等を後継者に譲渡しておく方法です。少しずつ段階的に贈与す...

  • 内容証明郵便での請求

    内容証明そのものに特別な法的効力はありませんが、書面が確かに届けられたこととその書面の内容を後日証明できるため、金銭の請求書や契約解除の告知、交渉における主張を記載した書面を送付する方法として用いられています。 ■内容証明への対応従業員や退職者から内容証明が送られてきたということは、相手方が会社に対して何らかの行...

  • 労働審判

    ■労働審判・調停の効力調停や労働審判で、未払い賃金の支払いなど何らかの作為を義務付けられた場合には、履行せず放置していると強制執行を受ける可能性があります。労働審判に不服がある場合には労働審判の告知から2週間以内に裁判所に異議申立てを行います。適法な異議申立てが行われると、その時点で訴訟提起があったものとみなされ...

  • 再婚相手の連れ子に相続権はあるか

    1つ目は養子縁組で、2つ目は遺言書の作成です。①養子縁組養子縁組とは、血縁関係のない者同士に親子関係を生じさせることが可能になる制度です。戸籍法に則った手続きがとられます。養子縁組には普通養子縁組と特別養子縁組がありますが、ほとんどの場合、普通養子縁組により養子縁組が行われます。養子縁組により、再婚相手の連れ子で...

  • 雇用契約書の作成

    雇用については、民法623条において、「雇用は、当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し、相手方がこれに対してその報酬を与えることを約することによって、その効力を生ずる。」と規定されています。このように、雇用契約とは、労働力の提供とその対価としての報酬の支払いを定めた契約のことと定義できるのです。また...

久松法律事務所が
提供する基礎知識

  • 労働時間の管理

    ■労働時間の管理義務法律では労働契約とは、労働者が一定の拘束時間において業務命令に従う代わりに、その拘束時間への対価とし...

  • パワハラの時効は何年?

    「上司から一方的に人格否定をされて悩んでいる…」「バイト先の店長から、長時間にわたって土下座を強要されたり、物を投げられ...

  • 雇用契約書の作成

    「雇用契約書はアルバイトと正社員で別のものを作る必要があるのか。」「現在の職場では雇用契約書を作成していないが、問題はな...

  • 大阪市の労働問題に強い弁...

    労働問題には、残業代の未払い、賃金減額、不当解雇、労働災害、ハラスメントなど、様々なものがあります。このような問題に悩ん...

  • 残業代を請求されたら

    ■記録の有無が重要残業代の支払いをめぐってトラブルになるということは、労働時間の把握が労働者側と企業側で食い違っているこ...

  • 労働問題に関するご相談は...

    久松法律事務所では、大阪市中央区、北区、東大阪市、堺市を中心に労働問題の相談を受け付けております。また大阪府以外でも、京...

  • 協議離婚

    離婚を目指す際、まず何から手をつければいいのか分からない、という方は決して少なくありません。 離婚を成立させる...

  • 損害賠償請求

    交通事故にあったり、契約が破られ、損害を受けた場合に損害賠償請求をすることによって損害の内容により金銭的な賠償を受けるこ...

  • 離婚の慰謝料計算方法

    「離婚を検討しているが、慰謝料の計算方法がわからず、算定できないで困っている。」「離婚することになったが、慰謝料は必ずも...

  • パワハラ・セクハラ

    ■セクハラの定義セクハラとは「職場において行われる、社員の意に反して行われる性的な言動」のことをいいます。大きく分けて「...

よく検索される
キーワード

代表弁護士紹介

これは弁護士に相談してもよいものか… などとお悩みなっている方はいらっしゃいませんか?

久松弁護士の写真
代表弁護士
久松 大輔(ひさまつ だいすけ)
所属団体
大阪弁護士会
ごあいさつ

「まだトラブルになっていないけど…」という方、「トラブルになってしまった…」という方も、まずは弁護士にご相談ください。

解決までの道筋を、法律のプロと共に考えましょう。


当事務所は相談しやすい環境作りを徹底しております。弁護士と言われると敷居が高いと思われるかもしれませんが、そんな事はありません。お気軽にご相談ください。

プロフィール

1987年8月3日 福岡県出身

福岡県立鞍手高等学校卒業

九州大学法学部卒業

大阪大学法科大学院卒業

事務所概要

名称 久松法律事務所
所属 大阪弁護士会
代表者 久松 大輔(ひさまつ だいすけ)
所在地 大阪府大阪市中央区北浜3-2-25京阪淀屋橋ビル8階
電話番号/FAX番号 TEL:06-7222-3079 / FAX:06-7222-3159
対応時間 平日10:00~18:00 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ