06-7222-3079
対応時間
平日 10時~18時
定休日
土・日・祝日

※事前予約で時間外対応可能です

遺言書 無効/久松法律事務所

久松法律事務所 > 相続に関するキーワード > 遺言書 無効

遺言書 無効

  • 遺言書の種類と書き方

    相続において、遺産分割をめぐって親族間でトラブルが発生することがありますが(相続トラブル)、このような相続トラブルを防ぐ手段の一つに「遺言書の作成」があります。遺言書は被相続人(故人のこと)の最後の意思を伝えるものと同時に、遺産相続を円滑にする役割もあります。ここでは、遺言書の種類と書き方について簡単に見ていきま...

  • 遺言書の検認

    遺言書を開封する際には、検認という手続きが必要となる場合があります。検認とは、家庭裁判所において、相続人立会いのもと遺言書の状態や内容等を確認する手続きです。それ以降の遺言書の偽造・変造を防ぐことを目的として定められた制度です。 ■手続きの流れまず、遺言書を保管している人(保管者がいない場合、発見した相続人)が、...

  • 遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議にあたっては、相続人全員が参加する必要があり、一人でも欠けたままなされた協議は無効となります。 ■遺産分割協議書遺産分割協議書とは、遺産分割協議の内容を書面化したものを指します。遺産分割協議書は、特定の書式が定められているわけではなく、また法律上必ず作成しなければならないものでもありません。しかし、遺...

  • トラブルにならない退職勧奨の進め方

    強要が認められた場合は、後になって退職が無効とされ社員に損害賠償や未払い賃金などを支払わなければならなくなる恐れがあります。強要とみなされないよう、説得の方法や時間・場所・説得にあたる担当者の人数や人選に気を配る必要があります。 ■記録を残しておく退職をさせたい社員には、指導をしたにもかかわらず満足に業務を遂行で...

  • 解雇が可能なケース

    その上で、就業規則を限定的に解釈し、社会通念上も懲戒解雇をしてもやむを得ないという程度の落ち度が認められ、懲戒解雇の手続きも規則に則て適性になされていなければ懲戒解雇は無効となります。 ■疾病や適性を理由とする解雇疾病を理由とする解雇について「心身の障害により業務に堪えられないとき」に解雇するという就業規則が設け...

  • 従業員から訴訟を起こされたら

    未払い賃金や残業代請求に対してはタイムカードの打刻記録など客観的な労働時間の記録が、不当解雇や退職の無効を主張してきた場合には指導記録や懲戒に至る判断過程の記録などが、防御の上で重要な証拠となります。労働問題を未然に防ぐためだけでなく、不当な訴訟に対する防御としても、労働者の状況を把握・管理し記録に残しておくこと...

  • 労働条件の交渉

    そして、当然ですが法律の規定に違反した労働契約は無効となり、場合によっては企業に罰則が課せられることになります。 ②就業規則の作成また、常時10人以上の従業員を雇用している事業場では就業規則を作成し、労基署に届出なければなりません。就業規則は個々の労働者との労働条件の最低基準を定めるものであり、作成にあたっては労...

  • 人事異動のトラブル

    仮に労働契約や就業規則に違反していなかったとしても、違法な人事異動と評価され無効となることもあり得ます。無効とされうるケースとしては、異動先に仕事が全くないなど業務上必要性が認められない異動、組合活動に対する妨害など不当な目的をもって行われた人事異動、介護が必要な家族がいるなど労働者に著しい負担を強いることになる...

  • 不当な解雇

    ■解雇の無効客観的な合理的理由に基づかない解雇は無効となります。したがって、無効な解雇をした労働者が地位確認の訴えを提起し、裁判に訴えた場合、未だに労働契約が継続していることを認める判決が下されることになります。この場合、会社は復職を認めたうえで解雇された日から判決の日までの賃金を支払わなければなりません。 ■地...

  • 再婚相手の連れ子に相続権はあるか

    1つ目は養子縁組で、2つ目は遺言書の作成です。①養子縁組養子縁組とは、血縁関係のない者同士に親子関係を生じさせることが可能になる制度です。戸籍法に則った手続きがとられます。養子縁組には普通養子縁組と特別養子縁組がありますが、ほとんどの場合、普通養子縁組により養子縁組が行われます。養子縁組により、再婚相手の連れ子で...

久松法律事務所が
提供する基礎知識

  • 労働審判

    ■労働審判とは労働審判とは個人の労働者と使用者との紛争を迅速に解決するために設けられた制度です。裁判官と民間人2名で構成...

  • 大阪市の労働問題に強い弁...

    労働問題には、残業代の未払い、賃金減額、不当解雇、労働災害、ハラスメントなど、様々なものがあります。このような問題に悩ん...

  • 浮気・不倫の慰謝料

    配偶者から浮気・不倫をされたことによって離婚を決断する方は、決して少なくありません。浮気・不倫をされたことによる精神的苦...

  • 親権と監護権

    「親権」という言葉は聞き馴染みがあっても、具体的な権利・義務の内容はよく分からないという方も多くいらっしゃるのではないで...

  • 不動産の相続

    相続にあたっては、死亡届の提出や相続人・相続財産の調査、遺産分割協議等、様々な手続きが必要となります。そして、特に不動産...

  • ギャンブル依存症の配偶者...

    ■離婚する方法離婚するための方法は、1つではありません。離婚の仕方は大きく3つに分かれており、それぞれ①協議離婚②調停離...

  • 年収1000万の養育費相...

    親権の有無や同居の有無、年収の高低にかかわらず、父母は離婚後ないし別居後も、未成熟子を扶養する義務があります(ここでいう...

  • 交通事故に遭ったら

    交通事故にあってしまったら、パニックになってしまう場合も少なくありません。そんなときこそ何をしなければいけないか、を明確...

  • 遺言書の種類と書き方

    相続において、遺産分割をめぐって親族間でトラブルが発生することがありますが(相続トラブル)、このような相続トラブルを防ぐ...

  • 調停離婚

    当事者同士の話し合いで離婚を成立させることができる協議離婚は、最も簡単な離婚方法であるといえます。しかし、十分に話し合い...

よく検索される
キーワード

代表弁護士紹介

これは弁護士に相談してもよいものか… などとお悩みなっている方はいらっしゃいませんか?

久松弁護士の写真
代表弁護士
久松 大輔(ひさまつ だいすけ)
所属団体
大阪弁護士会
ごあいさつ

「まだトラブルになっていないけど…」という方、「トラブルになってしまった…」という方も、まずは弁護士にご相談ください。

解決までの道筋を、法律のプロと共に考えましょう。


当事務所は相談しやすい環境作りを徹底しております。弁護士と言われると敷居が高いと思われるかもしれませんが、そんな事はありません。お気軽にご相談ください。

プロフィール

1987年8月3日 福岡県出身

福岡県立鞍手高等学校卒業

九州大学法学部卒業

大阪大学法科大学院卒業

事務所概要

名称 久松法律事務所
所属 大阪弁護士会
代表者 久松 大輔(ひさまつ だいすけ)
所在地 大阪府大阪市中央区北浜3-2-25京阪淀屋橋ビル8階
電話番号/FAX番号 TEL:06-7222-3079 / FAX:06-7222-3159
対応時間 平日10:00~18:00 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ